日雇い派遣について

スポンサードリンク

日雇い派遣について

一日限りの派遣雇用契約を結ぶ労働者を指す。別名ワンコールワーカー。メールや電話を通して派遣元から仕事内容について指示され、直接派遣先の現場に出向くことが多い。

 

これらは「登録型」と呼ばれ、一度派遣元の会社に出向き派遣登録を行ったのち、携帯電話に来る仕事の案件を取捨選択して、登録者が好きな時に働けるというシステムになっている。

 

その仕組みから学生を中心とする若者には人気があり、経済難の時に一日だけ働くという者も少なくない。

 

しかし、そのように他に生活基盤があるものばかりでは決してなく、収入のすべてを日雇い派遣に頼っている者は非常に厳しい労働環境に置かれている。

 

時期によっては仕事が少ない時があり、収入の安定が計れない。職業経験が身につかないため日雇い派遣からの脱却は難しく、定住できずにネットカフェ難民となるものもいる。

 

低収入のその日暮しなため、国民年金や国民健康保険に加入していない者が多く、将来への不安を募らせている。
⇒ワーキングプアとホームレス

スポンサードリンク